車買取一括査定サイトの比較サイトです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

車買取業者は査定で車を見てない!これがわかれば車を高く買取ってもらえます!

 

車を高く買取ってもらう為には「車を良く見せれば良い」と思っていませんか?

 

「キズがあるから目立たないようにしよう」

「印象を良くする為に掃除・洗車をしておこう」

などなど。。。

 

しかし、これらの事はほとんど意味がありません。。無駄です!!

なぜなら車査定で重要視されているのは車ではないからです。

車を高く買取ってもらいたくて色々調べている方には、かなり役に立つ記事ですので是非参考にしてみてください!

査定で見られる項目とは?

査定で見られる項目はしっかりと決まっています。

査定表というものがあり、その表に基づいてチェックしていくだけで、主な項目はキズ、凹み、錆、ガラスのヒビ、内装、修復歴などです。

 

この中で主に重点的に見られるのは「修復歴」です。

つまり過去に大きな事故を起こしていないかどうか?を重点的に見ているということです。

 

そして実は、修復歴以外の項目は程々に見ると言った感じで、例えば小キズなどはよほどのことが無い限りそれほど問題視されません。

「査定前に小キズなどを修復した方が良いか?」みたいな質問をよく見かけますが、ほんとに意味が無いので必要ないと思います。

問題がありそうなキズだったとしても、お金を掛けてなおした所で費用分以上の見返りはありません。

 

車買取り店は買い取った車を「現状渡し」で転売しますので、修復歴以外は実はそれほど気にはしていないのです。

それよりももっと別の予想も出来ないような事を見ています!!それについては後記で。。

中古車の価値は明確な指標がある

基本的に中古車というのは相場が決まっっています。

これはどこの業者が査定したとしても変わる事はなく、

車種、年式、走行距離、ボディカラー、グレード、オプションがわかればある程度値段がわかるんです。

 

どこでわかるのかと言うと、、

それは中古車の流通経路を見ればわかりますので、ちょっと解説したいと思います。

流通経路の中で明確にその車の価値がわかる部分があるんです。

中古車流通経路とは

【買取り】➡【業者オークションで転売】➡【小売】

業者別で見るとこんな感じ

【車買取り店(買取)】➡【車買取り店から中古車販売店に転売(業者オークション)】➡【中古車販売(小売り)】

買取り店が買い取った中古車を業者オークションを通して中古車販売店に転売されてユーザーに販売されます。

この流れが一般的で、流通している中古車の9割以上がこの業者オークションを介して取引された車だと言われています。

 

そしてこの業者オークションは車買取り店や中古車販売店が常に注目している場所なので、、

この一連の流通経路を見て、車の相場を知る事が出来る部分がもうおわかりですよね?相場とはつまり中古車の卸値です。。

そうです!転売が行われる業者オークションです。

この業者オークションで直近の同車種・同条件に近い車の落札額を見れば「いくらで売れるか?」がわかりますので、

落札額から自社の利益と諸経費を引いた額が査定額という事になるわけです。

査定額はもちろん低ければ低いほど車買取業者は儲かりますので出来るだけ安く買い取ろうとします。

 

こんな流通経路もあります!!

最近は買取りから小売りまでを自社完結する買取業者も増えてきました。

【買取り】➡【小売】

この流れです。

特に有名大手買取り店などに多いです。

これなら買取りと小売りでの利益をダブルで取れる、または買取り利益を削ってでも、他社より高く買い取って、小売りの方で利益を取って相殺する事もできます。

なので、車買取り店でも自社販売網の強い会社は買取り査定額も高くなる傾向にあります。

車買取業者が一番重要視しているのは?車を見ていない?

ここまでで、車査定で見られる項目などを書いて来ましたが、いよいよ本題です!!

車査定で買取業者は車を見て査定額を決めていると思っていますよね?という話でしたが、

もちろん車は見ているんですが、実はたいして見てもいない・・・

先にも話したように、出張査定に来た時点で業者オークション落札額からだいたいの査定額は分かっているんです。

キズや内装などもよっぽどの物でなければ気にしていません。。

(気にしていませんが、査定額を安くする為に「このキズは減額になりますね!」とか言って減額する理由に使ってきますけどね・・・)

車に関しては、おおよその査定額はもうすでに分かっているので、事故歴がないか?をボチボチ見るくらいなんですが・・・

では何を重要視しているのか?と言いますと、

車ではなく、車を売ろうとしているあなたの事を見ているんです。

お客の事を観察しているんですね。。

 

えっ!!何それ?って感じですよね。。

 

極端に言うと、車の査定をしているのではなく、あなたの状況を査定しているんですよ!!!

車以外の見ている部分とは?

「次の車はどうするのか?ディーラーで買うのか?」

「他社と比較しているか?」

「他社の査定額はいくらなのか?」

「いくら位で売りたいのか?」

「急いで売りたいのか?」

「急いでなくて、ゆっくり考えて決めたいのか?」

「ネットで研究しているか?」

これらの状況を観察してその状況によって査定額を決めているんです!!

 

何度も言っていますが査定額の上限は明確に決まっているので、あと考える事は「自社の利益をいかに多くとるか?」という事だけで、

査定額の上限は全買取り業者共通なので、利益を一番多く削った業者が買取りをする事が出来る事になります。

上限査定額までの間で「どれくらいの査定額を出すか?」を決めていくのですが、それを決めるのにあなたの状況を見て決めているのです。

 

だいたいの場合は出張査定に来た営業マンが査定額を決めている訳では無い事は知っていますか?

査定額を決めているのは本部と営業所の上司などです。

査定に来た営業マンは車に大きな問題が無いか?を見るだけで、メインはお客の状況を詳しく調べて本部や上司に伝えているだけなんです。

 

では、見ている状況について解説します。

 

「他社と比較しているか?」

他社と比較していれば、ある程度査定額は上がっていくと予想できます。

この場合は他社の金額を聞き出す事に注力してきます。

他社の金額がわかったら、その金額に少し色を付けた金額を提示する代わりに「即決」の約束を取りに来たりします。

 

「他社の査定額はいくらなのか?」

他社の査定額が聞き出せればものすごく簡単になります。

それよりも少し高い査定額を提示すれば良いだけになりますので、無駄に査定額を上げる必要はありません。

 

「いくら位で売りたいのか?」

希望している金額がわかれば、その金額を基準に少しお得感と限定感を出して行けば簡単です。

ですので、無駄に査定額を上げる必要はありません。

 

「車を急いで売りたいのか?」

これは急いでいる人ほど査定額を高めに設定してくる傾向があります。

理由は、即決の可能性があるからです。

これと合わせて「他社と比較しているか?」も考えていくのでいきなり限界査定額が出る事はあり得ません。

 

「急いでなくて、ゆっくり考えて決めたい」

これはどう考えても他社と比較する可能性が高くなりますので査定額を高くし過ぎると、他社にあっさりとそれ以上の査定額を出されて契約されてしまいます。

それと、他社を見て戻ってきた時に他社の査定額以上を出す事が難しくなる事も考えられますので、様子見と言った感じで低めの査定額しか出さないと思います。

 

「次の車はどうするのか?ディーラーで買うのか?」

ディーラーで買うなら下取り価格を出されているかもしれません。。

もし下取り価格を出してもらっていたら、下取り価格は簡単に知ることが出来ますので下取り価格より少し高い金額を出せば良いだけです。

 

「ネットで研究しているか?」

ネットで車買取りの事を研究している場合は、色々な仕組みを知っている可能性もありますので、査定額も無難に少し高めから様子を見ていくと言った感じになります。

 

ざっくりですがこんな感じです!

このような感じであなた自身の状況を見て査定額を決めていってるんです、、車の限界査定額はハッキリと分かっているので車を見る必要はありません!

見るとしたら「修復歴があるか?」くらいなのです。

 

という事は、、

上記の中から査定額が高くなる要素をピックアップしてそのように演じれば、車買取業者に高額査定額を出してもらい易く出来るという事になります!

次項でそれをまとめてみました。

高額査定で車を高く売る方法

売り手の状況を見て査定額を決めている車買取り店に対して、査定額が上がり易くなる状況をまとめました。

他社と比較しているか? 急いでいて今すぐにでも売りたいが、他社とは比較している
他社の査定額はいくらなのか? 教えない。買取り業者のベストな査定額を求め続ける
いくら位で売りたいのか 教えない。他社が引き下がる金額
急いで売りたいのか? 急いでいるので、納得の査定額が出ればスグにでも売りたい
急いでなくて、ゆっくり考えて決めたいのか? 急いでいる。出来るだけ早く決めたい
ネットで研究しているか? している。

 

右側が査定額が上がり易い状況です。

右側の状況だと買取り業者に思わせれば良いという事ですね。

 

例えあなたが「急いでなくて、ゆっくり考えて決めたい」という場合でも、「急いでいるので、納得の査定額が出ればスグにでも売りたい!」というスタンスである事を買取業者に伝えれば良いのです。

簡単ですよね!!

 

【注意点】

「急いでいる」という状況だと思わせるわけですが、そうなると買取業者は「今決めて頂ければ◯◯円出します」などと言って「即決」を迫ってきますので、口車に乗らないようにしてください。

後は

他社の査定額や希望金額も絶対に言わないようにしてください。

言ってしまうと、その金額に最小の金額をプラスしただけの査定額しか提示して来ませんので時間が掛かってしまいますし、言ってしまった金額以上の査定額を出すのに条件を付けられてしまいます。

「◯◯円以上の金額を出しますので今決めて頂けますか?」

このような感じに言われてしまい、交渉の流れがストップしてしまいますので注意しておいてください。

まとめ

とにかく車買取りの査定額は売り手の状況次第で査定額を変えていっています!!

車の価値は明確な限界値がありますので、売り手の状況を見ながら「いかに安く買取るか?」を考えながら査定額を出しているんです。

車買取業者が査定額を上げたくなるような状況を自分でが演じる事で、高額査定を引き出す事が出来ます。

 

車買取り業者は売主であるあなたの状況を見て査定額を決めていますので、今回の記事を役立てて高額査定を勝ち取ってくださいね!

 

 

車査定において、いかなる場合でも外せない条件として「複数社に査定依頼をして比較する」という鉄則があります。

車一括査定サイトを使えば効率的に複数の車買取業者に査定依頼をすることが出来ますので非常に便利です。

↓↓タップして査定依頼をする