車買取一括査定サイトの比較サイトです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

新車と中古車どっちを買うか迷った時の考え方、メリット・デメリットまとめ

新車と中古車どっちを買う?メリットとデメリットは?

車を買う時は新車と中古車という選択肢があります。。

実際にこれは悩みますよね。。。

どちらにもメリットとデメリットがありますし。。。

出来れば新車が良いけど予算的に・・・・・

かと言って中古車も誰かが使ってたものだし・・・イマイチ信用できない・・・・

 

こんな感じで色々と悩むところです!

 

そこで今回は新車と中古車どちらを買おうか悩んでいる方の為に双方のメリットやデメリットなどをまとめてみましたので参考にしてみて下さい!

予算

ede0beb56955386cb808516b4280df8b_s

車を購入する時に一番の問題になるのがこの予算だと思います。

当然ですが新車であれば高くなりますし、中古車であれば多少は安くすることが出来ます。

こればっかりは限界がありますので自分の考えている予算で折り合いをつけていく事が大事になります。

 

双方にメリットデメリットがあり、例えば中古車であれば同じ予算でも新車よりグレードの高い車を選ぶことが出来たりします。

新車と同じグレードの中古車であれば新車よりはかなり安く買えます。

 

逆に新車であればグレードは予算通りになりますが、自分が最初のオーナーになるので気持ちが良いですし、オプションを付けて自分好みの車に仕上げる事も出来るので愛着も湧きます!

新車のグレードに関しては、予算通りの車よりワンランク落とした車なら予算も少し抑えられるのでその分オプションを充実させたりも出来ます。

 

まずは自分の予算を決めてどんな車があるのかを調べる所から始めましょう!

よくある事ですが、カッコ良くて「これが欲しい」と思った車って微妙に手の届かないレベルの車だったりします。。ちょっと無理をしなければ買えない感じです!!

あえて自分に気合を入れる為に無理をするのもありですが・・・・自分の希望ばかりを優先してしまうと後々で支払いがしんどくなって辛くなってしまいます。

 

ほとんどの人は車を買う時はローンを利用すると思いますので「ローンなら何とかなるかも!!」って思ってしまいますが、

たとえローンを利用するにしても毎月の支払い額には限界があると思います!

どれくらいの金額の車を買ったら、毎月の支払いがいくら位になるかがわかりますので毎月余裕を持って払える額を想定して車を選ぶのが安全です。

当然ローンの場合は金利も発生してきます。

ローン金利

9f811adaec56f2782593f07d089e4374_s

実はこの金利というのはホントにバカになりません!!

ローンといってもどこでローンを組むかで変わってきます

新車を買うか?中古車を買うか?でローン会社が変わるので金利も変わってきます!

新車を買う場合はディーラーローンを使う事になると思いますが、ディーラーローンはまだ金利が安い方で、キャンペーンをやっていたりすればさらに安くなったりします。ディーラーローンとは自動車メーカーの系列のローン会社の事です!(トヨタならトヨタファイナンスなど)

中古車を買う場合は、このローン金利は高くなる可能性があります!!

実は中古車販売店のローン金利はかなり高いんです!

 

それぞれのローン金利は以下のような感じです。

新車ディーラーの金利:1~8%くらい

中古車販売店のローン金利:8~10%

中古車ローンの金利がいかに高い設定になっているかがわかって頂けると思います。

なぜ中古車販売店のローン金利は高いのか?

何故中古車販売店でのローン金利が高いかというと、中古車販売店はローン金利から手数料をもらうからなんです!

車販売の利益以外にもローン金利も利益として計算しているからなんですね!

ですのでホントはもっと安い金利でも出来るんですが、あえて8%とかの高い金利にしているんですね!!!

 

新車ディーラーの場合は新車を売る事で利益を出す事のみを考えているので、金利は安いんです。

新車ディーラーのローンはメーカーの系列のローン会社を使います。

自働車メーカーとディーラーは同じ会社ではありません!ディーラーは自動車メーカーから販売委託されている地元の民間企業で、新車を目標台数販売する事で自動車メーカーからマージンを貰うのが仕事です。ですのでローン金利から手数料を貰ったりはしず、その部分はメーカーの系列のローン会社の利益です!

銀行のカーローンが金利が安い

7644fbac572c5e30aa7582b044ffe92a_s

最近では銀行でカーローンとして融資を受ける事が出来ます!

1.3%~とかなり低金利で、エコカー優遇など、エコカー購入の場合は金利を優遇するなどのサービスを行っている銀行もありますので、検討をしてみる価値はかなりあるかと思います。しかし、金利が安いという事は審査が通りにくいという事になります。

 

車は購入金額が大きいので、金利が1%違うだけでも最終的な金額に大きな差が生じます!

ですので出来るだけ安い金利のローンを探す事が重要になってきます!

それぞれの金利のメリットデメリット

【新車ディーラーのローン】

《メリット》 金利は比較的安く抑えられます。(キャンペーンを利用) メーカー系列会社のローン(トヨタファイナンスなど)なので、審査も通り易いです。

《デメリット》 銀行マイカーローンよりは金利が高い。そのローン会社のクレジットカードを作らなければいけないなど

 

【中古車販売店のオートローン】

《メリット》 審査が緩い。金利が高くなりますが、その分中古車販売店もどうしても売りたいので審査が通るようにゴリ押ししてくれる!

《デメリット》 金利がかなり高い。中古車販売は中古車の利益以外にもローン金利手数料を稼ごうとするので

 

【銀行のマイカーローン】

《メリット》 金利が安く抑えられる。

《デメリット》 金利が安いのでその分審査は厳しくなってきます。

残価設定型ローンという方法も有効

最近の新車の買い方として定着しつつある方法に残価設定型ローンというものもあります。

残クレ(ざんくれ)なんて言われたりしています。

これは車に乗る期間(3~5年)を最初に決めて、その期間が終了した時点での車の残価(売る時の価値)を最初からマイナスした金額でローンを組むという方法です!

この方法なら6割くらいの価格で新車を購入する事が出来るので、毎月のローン金額を抑える事が出来ます!

詳しくはコチラの記事を参照

↓↓

残クレとは!?メリットとデメリットを解説!

車の性能と税金

b9c783cbb0805345ab53516bd7f3b5ca_s

車の性能や技術の進歩は目を見張るものがあります。

特に燃費に関してはここ数年で驚くほど良くなりました!

ハイブリッド車だと、人気のプリウスはリッター40㎞を超えています!!

プラグインハイブリッドだとなんと!!リッター70㎞を超えるものまででてきています!!これはホントに驚きます!

燃費性能が良ければ良いほど税金も優遇されるようになってきています。

車購入時の税金(環境性能割税、旧自動車取得税)なども燃費や排ガス性能によって優遇されるようになってきていますので、新しい技術を搭載している新車ほど税金が安くなっています。

他には日本の代表的な産業である自動車産業を活性化する為に新車が売れやすくなるような税制にしているというのもあります。

逆に、中古車の場合は一昔前の技術を搭載している車なので、燃費や排ガス性能は最新技術の新車に比べると劣るために税金の優遇は少なくなります。

それでもそこまで大きな税金差額があるわけではありませんので、税金だけを気にして選ぶ必要は無いかと思います!

車購入時の税金についてはコチラの記事を参照

↓↓

自働車取得税の廃止決定!新たな環境性能割税との比較

どれくらいの期間を乗るつもりなのか?

e271c274fc94d2ade7b920388b1f9a12_s

どれくらいの期間を乗るつもりなのか?で新車か中古車か?の判断がしやすくなったりもします!

 

【3年くらい乗って新しい車に乗り換えていきたい!】

という事であれば新車を購入した方が得出来ると思います。

3年後なら車の価値もまだまだそれほど落ちていないので、高く売る事が出来て残りのローンを清算、または次の車の購入資金にできると思います。

 

【5~6年は乗りたい】

という事であれば新車でも中古車でも良いと思います!

ただ、売る時の事(リセールバリュー)を考えると新車になりますが、それでも5~6年落ちとなってくるとかなり価値は下がりますので、そこにはあまり期待出来ないと思うので、

それなら中古車で購入価格を抑えた方が賢い選択だと思います。

 

【乗れるだけ乗りたい】

という事であれば新車の方が長く乗れて良いと思います!

 

【そこそこの車でいいからとにかく安く買って長く乗りたい】

という事であれば中古車でそこそこお得な車がおススメです!!

 

だいたいこんな感じですが、あくまで例えです!

リセールバリューとは?

793f56efe1cc59721703cfba877cff7a_s

リセールバリューとは売却をする時の価値の事です!

このリセールバリューはしっかりと考えて計画を立てた方が絶対に良いです!!

車はある程度の期間を乗ったらまた乗り換えの為にその車を売りますよね?

売る時にどれらいの金額で売れるか?を考えるのも大事になってきます!

これはどう考えても新車の方が高くなります。

同じ400万円の車でも新車と中古車ではかなり変わってきます!

例えば400万円で買った車が3年後に240万円で売れるのと160万円で売れるのとではトータルの金額は80万円も変わってきます!

同じ年数でも新車と中古車では価値の減り方が違ってきて、中古の方が圧倒的に価値は落ちていきます!!

購入時の表面的な価格は中古の方が安いのでお得感はありますが、リセールバリューを考えると、その車を売却する時までの総支払額は必ずしも中古の方がお得だというわけではありません。

表面的な購入価格だけを見て判断するのではなく、売る時の価値まで考えて選ぶことも賢い選択をするコツです!

他にはボディカラーはホワイトとブラックが査定アップになり易いので、車のボディカラーやグレードもリセールバリューの重要な要素として合わせて検討してみて下さい!

新車で気を付けるべきポイントは?

新車の場合注意するポイントは契約段階の価格交渉などです。

例えば新車には値引きがありますが、もし下取りも一緒にしてもらう場合は値引き額と下取り額は分けて提示してもらうようにしましょう!

よくあるのはこれを一緒にされて合算の割引額として提示されるパターンです。

大幅な値引きをしてもらっているように見えて、実はただ単にその分下取り額が安くなっているという内訳です!!

 

こんな感じです

↓↓

ディーラー 「下取りと値引き合計90万円ですが、今回は頑張らせて頂いて値引き分を10万円アップさせていただいて合計100万円の値引きという事でどうでしょうか!!?下取りが70万円で値引きが30万円です!!」

お客 「おお!それなら今すぐに契約するよ!!」

 

 

この場合、実は下取り車の市場価値は90万円以上あったりします!!

という事は値引きは30万円ではなくて10万円です!

多く値引きをしたように見せて契約を決断させただけで、実際は下取り価格を安くしているのでトータル的に見るとディーラーは10万円だけの値引きしかしないで契約を成立させたことになっているパターンです!

 

【これを防ぐには?】

こうならないようにするには、最初に新車の見積もりをしてもらう時に「下取りは無し」という話で値引き交渉もして見積もりを出してもらうようにしましょう!!

それで限界まで値引きを引き出して「じゃあ契約します」ってなった所で「今乗っている車も下取りをお願いしたい!」と言うようにしましょう!

理由は「買取り店に売却をしようと思っていたがやっぱりメンドクサイので」とかなんとか言っておけば良いと思います。

その際は下取り価格交渉を有利に進める為に、予め買取り店で査定額を出してもらうようにしておくと最高です!

こうする事で新車購入時に「限界値引き額」と「しっかりと評価してもらった下取り価格」を購入価格から値引きしてもらう事が出来ます!

中古車で気を付けるポイントは?

5fd3e612e5fd3190f64cbc8a4fddbb28_s

新車の場合は車の状態については特に注意する点などはありません。

ですが、中古車を購入する場合は注意点はあります!

中古車の場合は「騙される可能性がなくはない」という事です!

車の状態を偽られてもわかりませんよね!!

例えば修復歴などを偽られた場合、車に詳しい人でなければ見破る事は不可能です!

他には水没した車だったり、走行距離メーターが改ざんされている場合もあったりします。

中古車販売店と言っても上場しているような大手から個人で営業しているような個人ブローカーまで沢山あって、その中には悪質な業者も確実に存在していますのでお店選びも重要なポイントになってきます!

安い中古車を見つけたら、他の店舗の同じ車種、同じような条件の車との価格を見比べてみてあまりにも安過ぎるようなら注意が必要です!

中古車は明確に市場相場がありますので、各社で数万円程度の違いはあれど販売価格はどこの会社でもほとんど同じような価格に収まります。

これは言い換えると、市場相場がハッキリとしているのでわざわざ安過ぎる価格で売る理由は何一つ無いとも言えます!

安く売ってしまうくらいなら業者オークションなどで相場で売ってしまった方が賢いです。

つまり、安過ぎるという事はそれなりに理由が有るからだという事になります。理由とは修復歴などの事です。

新古車を狙うのが良い

もし新車と中古車で迷っていてどうしても決められないのであれば両者の良い所取りをした新古車というのが良いかもしれません!

この新古車というのは、新車なんだけどすでに新車登録がされてしまっている車の事です。

具体的に言うとディーラーの展示車として使われていたものや、ディーラーが決算時に目標販売台数をクリアする為に自腹で新車を購入した時の車の事です。

ディーラーが自腹で買った車を、新車よりも格安で利益ゼロに近い金額で売ったりしているのが新古車です!

何故自腹で購入したりするかというと、ディーラーは年間販売目標台数の達成状況によってメーカーからのインセンティブの額が大きく異なってくる為、

例えばあと1台で目標販売台数を達成すればインセンティブが大幅にアップするという状況だったら、1台自腹で買ってでも目標を達成した方が儲かるという状況になったりします。

とりあえず自腹で買っておいて、後から仕入れ代分くらいの価格で売れば仕入れ代分はペイ出来るので損をする事も無くなります。

 

新古車は新車を格安で買う事が出来ますのでかなりお得な買い方です!!!

今乗っている車をいかに高く売るかも超重要

今現在乗っている車がある方は、この車をどうするか?実はこれも大事な事です!

これも高く売れれば売れるほど次に買う車の価格が下がると考える事が出来ます。

新車の場合はそのままディーラーに下取りをしてもらう事を考えている方も多いと思いますが、ディーラーでの下取りはかなり安く買われてしまう為にもったいないです!

車を売るなら下取りよりも買取りの方が絶対に高く売れます!

しかし下取りの方が手続きの面などを考えるとかなり楽なので、下取りを選択する方も多いです!

もし下取りで行くならば、多少なりともディーラーの営業マンに下取リアップの交渉をしてみた方が良いです!

車を売る時の鉄則は絶対に1店舗だけの査定で売る事を避ける事です!

多くの方が利用しているディーラー下取りはまさにこの「1店舗だけの査定」の形です。

下取りよりも買取りの方が基本的に査定額は高くなりますので、下取り交渉時に買取りでの査定額を知っておけば交渉で有利になりますので、買取りでの査定額も予め知っておきましょう!

 

買取り店に高額査定を出して貰うコツですが、絶対に避けたいのは先ほども言いましたが1店舗だけに査定をしてもらう事です!

1店舗だけだとその買取り店の言い値になってしまい、ホントの査定額がわかりません。ですので必ず複数の店舗に査定してもらう事が鉄則です!

最低でも3~4社には査定してもらうようにする事で、業者同士が勝手に競争をしてくれて査定額がアップしていきます!

そこで買取り業者に一件づつアポを取って行くのはメンドクサイので車一括査定サイトを利用する事で手間を省くことが出来ます!

新車と中古車のメリットデメリットとまとめ

《新車メリット》

自分好みの車に仕上げられる
自分が最初のオーナーになれるので愛着も湧く
売る時の価値が高い(リセールバリューがある)

《新車デメリット》

金額が高くなる
車種の選択肢が少ない(同じクラスの車種は数種類しかない)

《中古車メリット》

金額を安く抑えてグレードの高い車に乗れる!
色々な車種の選択肢がある
思わぬ掘り出し物がある

《中古車デメリット》

詐欺に合う可能性が有る(修復歴、走行距離メーター改ざん)
誰かのお古になる
中古車販売店のローンは金利が高くなる(銀行マイカーローンを選択する手もある)
売る時の価値が低くなる(リセールバリューがあまりない)

 

以上、新車か中古車で迷った時の考え方やメリットデメリットなどをまとめてみました!

どのように考えているか?や、何を重視するか?でどちらが良いかは人それぞれになってしまいます。

まずは自分が何を優先事項にしたいのかを整理してから色々と検討してみる事をおすすめします!!

今現在車を所有していて乗り換えを健闘している方でしたら、まずは現在の車をいかに高く売るかは重要ですので、下取り、買取りどちらを選択するにしても、まずは自分の車の一番高い査定額を知るために、買取り店での査定をしてみる事からスタートしてみて下さい!

さらに車一括査定サイトを使えば、あなたの車の最高査定額を効率的に知ることが出来ますのでおすすめです!!

 

登録している買取り業者がJADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を通過した業者のみの車一括査定サイトです。

↓↓↓タップして公式サイトへ