車買取一括査定サイトの比較サイトです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

車査定額が【まだ高くなるかどうか?】を確かめる超簡単な方法!

車の査定は素人には未知の世界です!!

 

実際に査定をしてもらっても

「何故この査定額になったのか?」

「提示された査定額が高いのか?安いのか?」

「騙されているんじゃないか!?」

 

こんな疑問を持ちますが、何もわかりません。

しかし分からなくて当然で、車業界が意図的にわからないようにしているから当たり前の話しです。

 

中古車の取引が行われている業者間オートオークションが存在するのですが、一般には非公開になっています。

何故かというと業者間オークションの相場を一般人に知られてしまったら買取りビジネスは成り立たなくなるからです!

(車買取業者は買い取った車を業者間オークションで転売して利ザヤを稼ぐのが仕事です)

 

どんな業界でも一緒ですが、車買取業界も例外なくプロvs素人の図式です!!

このような図式において無知で査定に臨むのはあまりにも不利過ぎますし、安く買い取られてしまうのが関の山です。

業者も仕事でやっていますので手強いですが、少しでも安く買い叩かれないようにする為の知識を持っておけば損を最小にする事が出来ます。

 

これから車を売ろうと思って「高く売る方法」を調べている方は必見です!

この記事は「買い叩かれないようにするための知識」を書いていますのでぜひ参考にしてみて下さい。

中古車の相場はどのようにして決まるのか?

中古車の査定額は、「同じ条件の車の直近のオートオークション落札額」を基準にして、さらに車の状態によってプラスマイナスした金額から「自社の利益」と「必要経費」をマイナスした金額です。

査定額 = 直近のオートオークション落札額(状態次第でプラスマイナス)-(自社の利益+必要経費)

 

ほぼ間違いなくどこの業者でもオートオークション相場を基準にしています。

 

なぜオートオークション落札額が基準になるかと言うと、

買い取った車をオートオークションで転売をして利ザヤを稼ぐのが車買取店のビジネス手法だからです!

転売する市場で同じ車の落札額を見れば「いくらで売れるか?」がわかりますよね?

ですのでオートオークション落札額が基準になっているのです!

自社販売が強い買取業者でも一緒

「自社販売をしているので余分な中間マージン(オークション手数料)が省けるので高く買い取れる」

というのをウリにしている買取り業者でも、基本的に査定額基準はオートオークション落札額です!

これは、一定期間の間に自社で販売できなかった時に売れ残ったまま置いておいても価値が下がってしまう一方なので、オートオークション転売に切り替えても問題が無いようにする為です。

オートオークション落札額を無視して高く買取り過ぎると、転売に切り替えた時にオートオークションで赤字になります。

必ず一定期間の間に自社で売り裁ける補償はありませんので、オートオークションで転売する事も想定して、基準をオートオークション落札額にしておくことでリスクヘッジが出来るからと言うのが理由です。

 

 

でも待てよ。という事は・・・・

何処の買取業者も査定額は同じになるってことだけど、実際には査定額に差が出ますよね?

もちろん差は出ます!!

車買取り業者ごとに査定額に差が出る理由は?

52858616c4926ccf9d26850a4f574856_s

どこの車買取業者もオートオークションの落札額を基準にする為、査定額に大きな差が出る事は無いはずなのですが、

それでも査定額に差が付くのは、「業者の利益の差」です!

利益額は決められている訳ではありませんし、業者は出来るだけ多く利益を取ろうと考えますので、いきなり最初から限界の査定額など出してきません。

どこの業者もまずは「自社の利益を多めに考えた査定額」から提示してきますので、「各業者によってどのくらいの利益で考えるか?」がまちまちになる為に査定額に差が出てくるのです。

しかしオートオークション落札額という基準がある以上、限界の査定額は明確に存在しますので、買取業者に競ってもらうと「最終的には同じような査定額」に収まります。

最後の最後はホントに1万円とかの差で、この差はホントに利益を削るか削らないかだけの差になってきます。

 

よく車買取のCMなどで「20万円もの差が付いた!」とか言っている事がありますが、

あれは「一番最初に提示された時の査定額」であって、その後に買取業者に競ってもらえば差はもっと埋める事が絶対に出来たはずです。

最初は相手を探る意味でも低い査定額から提示してくるのが買取り業者の常套手段です!!

上記の事例が本当なら、探りの段階の最初の提示の査定額で決めてしまった例だと言えます。

稀にそのくらいの査定差が付く事があるかもしれませんが・・・ほんとにほんとに稀です。。。。

車買取業者の本音は?

5693f5e05b0b1f320c3057b9cf105a6e_s

 

「どこよりも高く買います」というのは客寄せの言葉でしかありません!!

車買取りビジネスの要は相場の価格よりも「いかに安く仕入れるか」です!

安く買い取れば買い取るほど利益は多くなりますからね。

 

いかに「安く買い取るか」が業者の本音ですので、まずは低い査定額から探りを入れてきます。

低い査定額から落としに掛かって、低い査定額で買い取ることが出来たら万々歳です!

 

いきなり最初から高い査定額を出してしまったら、激安で買い取れたチャンスを逃す事になりかねませんので、最初は絶対に低い査定額を提示して来ます。

 

しかし、市場相場よりも低い査定額だったとしても、それが高いのか低いのかは素人には分かりませんよね?

 

なので安く買い叩かれるのを防ぐ為に、買取り業者をライバル店と競わせる事で低くなりすぎる事を避ける事が出来ます。

車買取り査定は複数社に依頼をする事が鉄則です!!

 

複数の車買取業者に簡単に査定依頼をする事が出来る車一括査定サイトを利用する事をおすすめします。

おすすめの車一括査定サイトは車一括査定サイトを徹底比較!選び方と基準にすべき要素を解説!を参照して頂ければと思います。

営業マンの言葉は全てウソだと思ってください!

実際に車買取り店に競ってもらって査定額が上がってきたら・・・・

どれくらいの査定額が適正なのかわかりませんよね?

 

「もう限界なのか?」

「まだ上がる可能性が有るのか?」

 

営業マンは「もう限界です」とい言ってるし・・・

 

いやいや、限界なんてウソなので安心してください!!

基本的に営業マンの言っている事を信用しない方が良いです。

営業マンはあなたの車を「いかに安く買い叩くか!」しか考えていないのですから!

 

そんな言葉を信じるのではなく、次項で書いている方法で判断をしてください。

【まだ査定額が高くなるかどうか?】を判断する方法

4ae4d75700e6b09ef7cafbdc820a8cd7_s

これは意外と簡単です!

車買取業者に査定依頼をしたことがある方なら経験があるかもしれませんが、必ずと言っていいほど「即決」を促してきます。

 

「今決めて頂ければ◯◯円で買い取らせて頂きます!」

「この査定額は今だけで、明日には相場も変わってしまいます!」

「ちょうどこの車を探しているお客さんが居る」

 

などなどこんな感じです。

これは言葉は違えど、全部即決を迫っていますよね。

 

これは何故かと言うと、「他の買取り業者に自社より高い査定額を出される前に契約してしまいたい」からです。

「査定額が低いうちに決めてしまいたい」とも言えます!!

 

業者はこんな風に思っているという事です。

↓↓

「オークション落札額の相場まで、まだまだ余裕があるので他社にさらに高い査定額を出されてしまうかもしれない・・・だからそうなる前に早く決めてしまいたい」

 

他社と比べられたら自社より高い査定額を出されてしまう事がわかっているということです。

 

という事は、まだまだ査定額が高くなる可能性が高いという事になります。

 

つまり、業者が「即決」を促して来たらまだまだ査定額は限界じゃないとの判断で間違いないのです!!

 

もしもその業者の査定額が限界まで来ていたら「即決」を促したりしずに、「この査定額でダメならウチは降ります」と言うはずです!!

ただ、これをカマをかけて言ってくる業者もあるかもしれませんので、一旦保留にして本当に降りるようだったら限界査定額は本音だったと判断できます。

 

そしたらもう一度この業者にコンタクトを取って売っても良いし、「この業者が「あの査定額はあの時だけです!」とかって足元を見て来るようでしたら、

限界査定額はもうわかっている訳ですから他社に声を掛けて同じ査定額で買い取ってもらえばよいだけです。

先にも話したように車の市場価値は明確に存在していますので、他の業者でも同じ査定額で買い取る事は出来ます!

 

業者が即決を促してきたら、それはまだ決め時ではありませんよ~!まだまだ伸びしろがある事の証明です!

まとめ

車の査定額は全業者が同じ相場を基準にして算出しているので、大きな差が出る事がない!
買取り業者は必ず即決を促してくるが、即決を促してきているウチはまだまだ査定額が上がる可能性が高い!!

 

相手は毎日車査定をしていてお客と価格交渉をしているプロですので、裏の裏まで読んでくる可能性もあります!!

それでも、絶対に即決をしずに相手の出方を伺うようにしていればどんな事があっても問題はありません。

「契約書にサインをするまで帰してくれない」なんて話もたまにありますが、そうなった時は遠慮なく警察を呼びましょう!!

買取業者が即決を迫ってきているうちは、まだまだ査定額上昇の余地がありです!!

今回の内容は相手の出方を伺う上で結構役に立つはずです!!

あなたの車売却の成功に役立ったら幸いです!!

 

16年運営している安心、おすすめの一括査定サイトはコチラ

↓↓↓タップして公式サイトへ