車買取一括査定サイトの比較サイトです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

車一括査定で損をしない方法と注意点!一括査定サイトの仕組みを徹底解説

車一括査定サイトを利用するのは「手間を省く」という面で絶対に利用をおすすめするのですが、便利がゆえにその代償が有るのもまた事実なんです!!

みなさんはこの代償が何かわかりますか?

4c524471b24117357cef8a0cbd162478_s

その代償とは「お金」です!

実は一括査定サイトの利用料をしっかりと徴収されているって知っていましたか!?

利用しているユーザーがお金を取られているんです!!

気付かないように取られているので実感する事はありませんけどね!!!|д゚)

 

この記事ではそのお金を取られないようにする為の方法について書いています!!

皆さんが車一括査定サイトで損をしないように役立つ記事になればと思いますので参考にしてみて下さい!!

車一括査定サイトはどのように成り立っているのか?

479d696980b267fccb2dde4fe26d3e74_s

そもそもこの車一括査定サイトの収益構造はどうなっているのか?

気になりませんか?

 

毎日TVやラジオやらでCMをやっていて、サイト運営をしている企業は大企業ばかり!!

これだけ広告費を使えて、大企業が参入してくるという事は、当然それだけの理由が有るはずです!!

 

そうです!儲かるんですこれは!!サイト運営会社は美味しすぎるんです!!(;'∀')

 

【収益構造はこんな感じ!】

サイト運営会社はユーザーが登録利用したら、選択された買取り業者に一斉にその顧客情報をメールで送ります!!

そしてその顧客情報1件につき、買取り業者から3000円くらいの報酬を貰います!

これは買取りが成立しようがしまいが、関係なく発生する金額です!

(この金額は一括査定サイトによって違いますので30000円は例えです)

 

サイト運営会社は顧客情報を10社に送ったとしたら3000円×10社=30000円の報酬です!

情報をメールするだけなので美味しすぎますよね(・∀・)

5人登録してくれたらそれだけで15万円の利益です!!

これはやめられません!!(・∀・)

いくら広告料を使っても痛くも痒くもないんです!!

でもこれってよく考えてみると・・・・

サイト運営会社はたしかに美味しいけど、買取り業者は最終的に1社しか買い取れないので情報料だけ払うパターンも多くて損ばかりしてしまいそう・・・・

こう思いますよね!!

たしかにその通りなんですが、実際には多くの車買取業者が登録しているのが現状なので、実際の所はそうでもないんです!!

買取り業者はマイナススタート

顧客情報が送られてきた買取り業者は、情報が送られてきただけで3000円を支払わなければならないので、買取りを成立させないと3000円がマイナスになります!

 

ですので登録直後からユーザーに電話をかけて査定のアポを取ろうとします。

 

ユーザーが登録した直後から我先にと電話が沢山掛かってくる理由は、ユーザーが10件の査定依頼をしたとしても実際に査定アポが取れるのは最初の4~5件までだからです!!

それ以上はユーザーの方がメンドクサクなってしまって電話をスルーされてしまいます。

 

査定のアポが取れなかったら買取り業者はただ単に3000円を無駄にする事になってしまいます。

ですので登録直後から「最初の4~5社」に入る為に我先にと電話を掛けて来るのです。

しかもアポが取れても、さらにそこから他の業者と競わなければなりません。。。

下手するとアポすら取れずに査定も出来ない可能性もあります。。。

 

これってよく考えると・・・・

 

買取りが出来るのは最終的に1社で、残りの業者は赤字になるので・・・・・業者は全然美味しくなさそう・・・・

一見すると買取り業者は赤字になってばかりで全然儲からないように思いますよね!!

10社に情報が送られる一括査定サイトならば、買取りを成功させれる確率は10分の1になるのでイマイチなように思います・・・・

 

ですが、車一括査定サイトの登録業者を見てみると多くの業者が登録しています!!

登録業者が多い一括査定サイトだと500社以上なんてサイトもあるくらいです・・・

主要な一括査定サイトすべてに登録している買取り業者も居るくらいです!!

 

そうです!!

 

買取業者も儲かるんです!!儲からなかったら買取り業者も登録などしないんです!!!

多くの業者が登録している事実からもわかるように、車買取り一括査定サイトは買取り業者も美味しいんですね!!(・∀・)

もっと詳しく言うと、リスクヘッジをして「美味しくなる」ようにしているんです!!

 

では、買取り業者はどのようにしてリスクヘッジをしているのでしょう?

買取り業者のリスクヘッジ方法は?

df1b06344f86d2083ceda59cc782b903_s

結論から言ってしまうと、一括査定サイトに支払う情報料をユーザーに支払ってもらっているんです!

ユーザーからちゃんと利用料を取っているんです!!

こうすれば買取業者のリスクはありませんよね!!

 

どうゆう事?一括査定サイトの利用料は無料なんじゃないの?

って思いますよね?

 

そう!!もちろんユーザーの利用料は無料です!!

それに無料にしておかないと誰も利用しません!!

ですので

「利用料」と言う形で取るのではなくて「査定額から予めマイナス」しておくようにしているのです!!

 

・・・・・( ゚Д゚)

まじかよ・・・・・

 

って感じですよね!!

 

予めマイナスされていたとしても、査定額に明確な基準がありませんのでユーザーは気付きようが無いんです!

査定額は業者によって多少違いますので、そこが見えにくくなっているんですね!!

ユーザーがそこに気付けないという所が車一括査定サイトが成り立っている最大の理由です!!

 

こんな感じです!

↓↓

買取り業者は一括査定サイト経由の査定は全て最初から30000円をマイナスして査定を出しているのです!!(*_*)

(※30000円かどうかは一括査定サイトや選べる業者数によって変わります)

 

【マイナス査定の内訳】

1人のユーザーが登録すると発生するコストは3000円×10社=30000円です!

この30000円を買取り店10社で負担している事になります!

 

最終的に買取りが出来るのは1社なので買取りが出来る確率は10分の1で、10回査定して1回成功する計算です。

つまり1回買取りを成功させるのに要するコストは30000円だと計算できます!

(10分の1なので3000円を10回払って1回成約)

 

その1回の買取り成功は10回の査定で何回目に来るか分かりませんので、10回とも予め30000円をマイナスしておく事で、いつ買取りが成功出来ても大丈夫だという考え方です!!

 

確率論ですね!!(・∀・)

10回の査定ですべて予め30000円をマイナスしているんです!

本来の限界査定額からマイナス30000円が限界査定となっています!

これはその一括査定サイトに登録している買取り業者すべてに共通です!

 

車の査定額はオートオークション落札額という絶対的な相場基準が有りますので査定額に大きな差は出ません!!

その相場基準を元に全業者は査定額を算出していて、全業者が最初から同じ金額をマイナスしていますので特に違和感が出る事もありません!

全業者が同じように予めマイナスして査定額を出していれば業者間で差が出る事はありませんよね!

 

しかも!!

 

上手い事いって10回の査定で2回買取りが出来たとしたら、次の10回は予め30000円をマイナスして査定を出さなくても良いと考えて強気に査定額を出しても良くなります!

こうなると他社より数万円高い査定額を出すことが出来てしまいます!

 

最終的に見て、10回に1回買取りが出来ていれば一括査定サイトへ支払う情報料はペイ出来ているのでOK!

というような判断です!

このような感じで買取り業者はリスクヘッジを行っているんです!!

 

なんだそれ!!(-_-)

じゃあ一括査定サイトなんて使わない方が良いじゃん!!

 

そう思いましたよね???

ごもっともです!!

 

しかし、車査定は高く売る為にも複数の買取り業者に査定依頼する事は必須です!!

そして複数の買取り業者を手間なく募る事が出来る車一括査定サイトを利用しない手はないのです!

ただ、予め査定からマイナスされるなんて嫌なので・・・

 

こちら側(ユーザー)もリスクヘッジをしてやればいーんです(‘ω’)ノ

ユーザー側のリスクヘッジはどうすれば良いのか?

ec8e5c8595ea6dd88af99e17fd17b06b_s

結論から言うと、一括査定サイトで募った業者の他にも自分アポで1社だけ査定依頼をしておく事です!

 

この場合自分アポの1社は一括査定サイト経由ではないので最初から一括査定サイト利用料をマイナスして査定を出してくるような事はありません!!!

なので一括査定サイト経由の業者に査定をしてもらって最高査定額が出たら、その最高査定額を基準に自分アポの業者に交渉する事で、最初からマイナスされていた金額分だけ高い査定額を引き出すことが出来ます!

 

これが一括査定サイト経由の買取り業者だけだったら最初からマイナスされて査定が出ているので、「サイト利用料のマイナス分」だけ損をする可能性が有りますが、こうする事でそのリスクを回避出来ます!!

 

ならば!

「最初から一括査定サイトなんて使わずに一社一社当たって行けば良くない?」

なんて思う方も居るかと思います。


そう思うのも無理はありませんが、

自分で業者に一件づつ連絡をするのはめんどくさいので、自分アポの1社以外の業者は効率よく車一括査定サイトで集めたほうが絶対に効率的です!!

それに、もしかしたら一括査定サイト経由の業者の中から最高査定額を出してくる業者が出て来る可能性は無い事はないです!

 

こんな感じです

一括査定サイト業者を複数社 + 自分アポ業者1社

 

この図式です!!

リスクヘッジをした査定の具体的な手順は?

まずは一括査定経由の業者で査定額を競ってもらい、1社まで絞って最高査定額を出してもらいます!!

このようにして1社まで絞ります!

↓↓

全ての査定額が出揃ったら一番安い査定額の業者にこう言います!

「他社がもっと高い金額を出してくれてます!御社の限界査定額をお願いします!!」

一番安い業者にこれを繰り返して1社まで絞ります!!(この1社の査定額は予めマイナス30000円となっています)

 

そしたらいよいよ本番!!

 

今度は自分アポの買取り業者に査定をしてもらいます!

その時に「実はすでに一括査定サイトで複数の業者に査定してもらって最高査定額を出してもらっています!」と伝えましょう!!

その時に具体的な金額は口に出してはいけません!!(ここまで来てもこれは絶対です)

その代わり、どのような方法で最後の1社まで絞ったかを伝えてください!

 

そうすると

 

自分アポの業者も一括査定サイト業者の査定額が通常の査定よりも安くなっている事は理解しているし、最後の1社まで絞った方法を知る事で、

「かなり限界査定額まできているんじゃないか」と考えるはずです。。

そして相場より少し安い査定額になっている事がわかっているので、その分をプラスした査定額を出してもらう事が出来るようになるのです!!

 

査定額は一括査定経由だろうがどこの買取り業者だろうが上限金額は一緒ですので、こうする事で最終的に一括査定経由の業者が予めマイナスしていた利用料分だけ高い査定額を出してくれると思います!

(一括査定サイト経由の業者は最初にマイナスしている金額分だけ査定が低くなっているはずなので)

狙いは最初から自分アポの業者に売る事です!!

一括査定サイトを利用したら絶対にその中の業者に売らなければいけない決まりはありません!!

もしこの方法を徹底しても、一括査定サイト経由の業者の方が査定額が高いようでしたらその業者に売れば良いだけです!!

自分アポの業者が最高査定額を出してくれたら、再度一括査定サイト業者に「御社より高い査定額が出た!」と交渉をしてみても良いと思います!!

 

こうする事でユーザーは一括査定サイトの利用料金を取られずに済みます!

こんな感じで「自分アポの業者も使う」という保険を掛けておけば損をする事はありません!!

あくまでも理論上の話しなので例外はいくらでもありますが、理論としては間違っていません!

絶対に気を付けなければならない注意点

これを徹底できないとすべてが上手く行きません!!

それは「他社の査定額を言わない事」です!!!!

これを言ってしまったら交渉は失敗します!!

 

もし言ってしまったら業者にこのように言われてしまいます!!

↓↓

「今の最高査定額が50万円という事なので、今ウチで決めてもらえるなら52万円を出します」

 

このように業者側に他社よりも高い査定額を出す為の条件を出される事になってしまうのです!

 

業者が出してくる条件とは基本的に「即決」です。

こうなると交渉は難航します!!(-_-)

もっと査定額を吊り上げれたのに、その流れが途中で止まってしまいます。

52万円どころかもっともっと上を目指せたはずなのに・・・

 

ですので「他社の査定額や希望額」は絶対に口に出さないようにして、常に相手のベストだけを求め続けましょう!!

まとめ

車一括査定サイトの収益構造で一番損をしているのは利用しているユーザーです!
一括査定サイト運営会社に支払われる情報料はユーザーが支払う構造となっています!
自分で1社づつ買取り業者にコンタクトを取るよりも車一括査定サイトで複数社に査定依頼をした方が手間が省ける!
一括査定サイト経由の買取り業者以外にも1社だけ自分で直接アポを入れて査定依頼をしておくことで情報料分だけ査定額を損するリスクを回避出来ます!

すこしメンドクサイかもしれませんが、少しの損もしたくない人は参考にしてみてください!

 

登録業者数が圧倒的で査定依頼出来る業者の数が一番多い車一括査定サイトはコチラ

↓↓↓タップして公式サイトへ