車買取一括査定サイトの比較サイトです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

【二重査定で減額ってどういう事?】よくある車買取りのトラブルと解決方法を徹底解説!

最近では車買取りもネットで取引がされるようになって、かなり便利になりました。

それに伴って増えてきたのが中古車買取りでのトラブルです。

 

ネット取引じゃない車買取り店での買取りでもトラブルは多く、特に問題になっているのは「二重査定」です。

車買取りはプロ(業者)vs素人(消費者)の図式なので、どうしても素人の消費者側が不利になりやすいのが実情ですが、

しかし、消費者側も知識を身に着けておくことで前もってトラブルを回避出来たり、解決出来るようなります。

「これから車を売ろうと考えていて色々調べている方」

「二重査定の被害に合って解決方法を調べている方」

は必見です!!

良くある車買取りトラブルの二重査定についての事前の対策と解決方法を解説しましたので参考にしてみて下さい!

なんで?一方的に査定額を減額された!!

たびたび起きる車買取りでのトラブルとして 二重査定(再査定)というのがあります。

二重査定とは簡単に言うと、契約して業者が車を持って行った後で、

「査定減額の要素が見つかったので査定額が見直しになります!」

と言われる事です。

 

なんでやねん!!ってなりますよね。。

でも実際にこのトラブルは多いんです。

 

主な減額要素の理由としては

「重大な欠陥が見つかった」

「事故歴が見つかった」

こんな感じで最初に約束した査定額から減額を要求してきます。

そしてそれを拒否してキャンセルを申し出ると、「キャンセル料」を請求して来ます。

最初から二重査定(減額)するつもりだった

e09fc631b56ca2c4ffc6f352ca25da4d_s

業者の狙いは査定額を減額しようとする事で減額を嫌がってキャンセルを選択させ、キャンセル料と車引き取り時の運送費等を請求してきます。

そうするとキャンセル料を払いたくない・・・

でも車は持って行かれてるし・・・

こっちに責任があるとか言ってくるし・・・

メンドクサイので「もういいわ~」ってなる

こんな感じで諦めさせて、減額を認めさせるのが最初からの狙いです。

(ホントに不具合が見つかる事もよくあります)

キャンセルになってもキャンセル料は入るので、どっちに転んでも業者がおいしい状況になります!

二重査定が起こりやすいのはどんな時?

もちろんホントに契約後に不具合が見つかる事もメチャクチャ多いので、ほとんどがそのパターンですが、

それ以外にも車買取業者が他社と競って高く買い取ってくれた時なども多く発生します。

これは何故かと言うと、どうしても買い取りたい車だったので、市場相場を無視して他社より高い査定額で買い取った後で、市場相場に準じた買取り額に戻す為です。

どうしても買い取りたい車という事は、つまり人気車という事です。

「赤字額でとりあえず契約を勝ち取って、後から何だかんだ言って適正な査定額に戻してしまおう!」と言うパターンですね。

残念ながらこんな事をしてくる業者も居るのが車買取り業界なのです・・・

 

では、どんな言い分で減額を要求してくるのでしょうか?

減額要求の時に業者が振りかざしてくる法律で瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)というものがあります。

瑕疵担保責任ってどんな法律?業者の言い分は?

4be079df052480cfcc1dd5d3332b8d5a_s

売買などの有償契約で、その目的物に通常の注意で発見出来ない欠陥があった場合に売主などが負うべき賠償責任

という法律です。

車買取りの取引の場合だと、事故歴や見つけにくいキズなどを「 通常の注意で発見できない欠陥 」という事にして、

「 隠れていた欠陥があったので、瑕疵担保責任によって約束は無効です! 」

という主張です!!

中古車の買取り査定は、たしかに発見しにくい欠陥などは全然ありえます。

 

そして実は、売る側もその車を買った時に、その欠陥に気付かずに購入しているというパターンもあります(‘Д’)

では、もしそのように買取り業者から主張された時には素直に応じなければいけないのでしょうか?

二重査定は泣き寝入りするしかないの?

6e7129af8d1b951909e87bb816602cba_s

法律は基本的には消費者を守るように出来ています!

応じる必要は全くないので安心してください!

たしかに業者は瑕疵担保責任に基づいて損害賠償や契約解除を求める事が出来ますが、、、、

買取り店は車査定のプロですし、プロであるべきなので、修復歴、事故歴、キズなどは査定時に気付くべきであり、また通常の注意で気付けるはずです。。

ですので、業者側の過失と判断する事が出来るので瑕疵担保責任は適用されません。

消費者契約法10条で守られる

775957606e673e4f6f26ba6408f88b7f_s

では、業者が作った契約書の中にこのような文言が入っていたらどうなるのでしょう!?

「買取り車両に重大な欠陥が発覚した場合は、業者の過失の有無に関わらず契約を解除できる」
「キャンセルをする場合はキャンセル料を◯◯円支払わなければならない」

 

とても小さく書いてありそうですよね"(-""-)"

でも大丈夫です!!

このような文言が契約書にあったとしても、消費者契約法の第10条(消費者の利益を一方的に害する条項の無効)で無効と主張する事が可能です!

消費者契約法10条とは?

「消費者の利益を一方的に害する条項は無効にする事が出来る」という法律です!

上の二つの文言は「消費者の利益を一方的に害する条項」と判断できます!

「欠陥を見抜けなかったのはプロの業者の責任なので、素人の消費者に責任を押し付けてはならない!!」

というのが法律の解釈という事です!

つまり、基本的には全く心配する必要がないという事です!!(・∀・)

 

ただ、明らかに自分が事故を起こした事があり、それを故意に隠していたとなると、それは問題有りです!!

これはあくまでも、修復歴や事故歴、重大な欠陥などに身に覚えが無い場合の話しです!

自分も欠陥を知らなかったパターンもあります!

色々なパターンが考えられますが、例えば「売ろうとしている車の走行距離メーターが実は改ざんされていた」事を知らなかったというパターンとか考えられます。

査定で走行距離メーターの改ざんに気付かない業者は居ないと思いますが、後々になって瑕疵担保責任でモメるような事になりかねません。

売ろうとしている車を中古車として買っていたなら、車を売る前に調べてみると良いかもしれません!

筆者は実際に改ざんされていた車を買った事があって、車を売却しようとした時に気付きました!!

まとめ

減額の話を持ち掛けられ、キャンセル料や運送費を請求されたりする二重査定というトラブルがある!
二重査定は瑕疵担保責任という法律が焦点となるが、故意に瑕疵を隠したりしてなければこちらに責任は無い!
消費者は消費者契約法第10条で守られているので、不当な要求は取り消せる!

しかし、多くの方が二重査定で泣き寝入りをしている現状があります。

やはりどうしても業者と争うのはメンドクサイというのがあるので、諦めてしまうんですね。。

確かにメンドクサイですよね。。

問題の多い二重査定ですが、業界の改善努力なども有り今は減りつつあります!

ネットが発達した現代では悪評がすぐにたってしまう為に、業者も下手な事はしにくくなっているの大きな要因です。

出来る限り信用ある、名前の売れている車買取業者を選べばかなり不安は少なく出来ると思います。

 

どうしても不安だと言う方はコチラのサイトがおすすめです。

登録している業者はJADRI(日本自動車流通研究会)という一般社団法人に登録している優良企業のみです。

※(JADRIに登録できるのは厳しい入会規定を満たしている優良企業のみです)

↓↓タップして公式サイトへ