車買取一括査定サイトの比較サイトです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ローンが残っている車を売る最善の方法は?注意点とおススメの方法まとめ

 

「そろそろ車を買い替えたいな~。でも、まだローンが残っているから売れないかも…。」

 

このように、車を買い替えたいと思った時にローンが残っていたら、車を売る事って出来るのか?と気にする方は多いです。

安心してください、結論から言うと可能です!

今回は、そんなローンの残債もありつつ、車を買い替え検討中の方に「ローンが残っている車を売る方法」についてまとめましたので参考にして頂ければと思います!

ローンが残っている場合は車の所有者は?

まずはローンを清算する必要があります!

ローンが残っている場合、意外と理解していない方が多いのですが車の所有権はローン会社になっています。

つまり、ローン会社の車という事です。

車検証を見てもらえれば分かりますが、実際に車を使用してるあなたは「使用者」となっているだけです!

よって、ローンを完済しない限りは「自分の物」ではないので勝手に売却したりすることはできないのです!

これは家でも同じ事が言えます!

マイホームローンを払い終えるまでは家は銀行の物です!!

では、ローン中の車を使用者から所有者にするためにはどうすればいいのか?ローンが残っている車を売却する場合、以下の手続きが必要です!

ローン完済・所有権解除が必要

ローン完済・所有権解除を行って、「車を第三者に売る事が出来る状態」にしなければディーラー下取りや車買取り店で買い取ってもらう事は出来ません!

つまりは、ローンを一旦完済して自分名義にしないと車を売る事は出来ないという事です!

「ちょっと待って!!そんな完済できるお金ない!!」

って思った方も安心してください。

方法は沢山ありますし、ローンの残債がどれくらいか?にもよります!

幾つかのパターンがあるので見ていきましょう!

ローン完済の方法

ローンを完済して所有権を解除するには以下のような方法があります!

車を売ったお金で完済

車を下取りまたは買取りで売って得た金額がローンの残債以上の金額だったらそれで完済できます!!

例えばローンの残りが50万円で、車の買取り額が60万円だったら

60万円-50万円=10万円が手元に残ります!

この形ならホントに簡単です!

では、

車を売って得た金額がローン残債に満たない場合は?

例えばローンの残りが50万円で、車の買取り額が40万円だったら

40万円-50万円=-10万円

10万円が足りない状態となりますので、10万円を自腹で用意し無ければなりません!

10万円くらいの金額でしたら用意できるかもしれませんが、これが数十万円とかになってきた場合はスグに用意する事が難しい人も居ると思います!

その場合は以下の方法があります!

新しく買う車のローンに組み込んでもらう!!

例えばディーラーで新車に買い替えて下取りで車を売る場合は、新しく買う車のローンを組むと思いますので、そのローンに下取りで足りなかった分の金額をプラスしてローンを組んでもらうというのも一つの手だと思います。

残債上乗せローンなんて呼ばれたりもします!

これだとメンドクサイ事がなくて理想的です

しかし、注意が必要です!このような場合だと「何とか残債の問題を解決出来た」と安心して気が緩んでしまい、下取り価格の事をあまり気にせずに激安になってしまっているパターンがあります。

そこはしっかり分けて考えて、下取り価格はしっかりと評価してもらうようにしましょう!ちなみに下取りよりも買取りの方が高く売れますよ!!

ローン完済サービス(借り換え)を利用する

車買取り店などで買い取ってもらう場合なら、買取り価格で完済できなかった時は「ローン完済」サービスを用意してくれています!

完済するのに足りてない金額を再ローンにしてくれるサービスです!

聞いた事があるような大手の買取り店でしたら間違いなく「ローン完済サービス」を取り扱ってくれています!

※注意点としては、この「ローン完済サービス」は金利が高い場合が多いです!

緊急性のあるローンでもあるので、だいたいですが金利は13~15%くらいは掛かってきてしまうと思います。(お店によります)

かなり高い金利ですが、おそらくは「買取り店がローン完済サービスの金利から毎月手数料を貰うから」というのが主な理由です!

ですので出来るならローン完済サービスは避けた方がベターです!!

ローン組み直し・ローン完済サービスの注意点

ここまで様々な方法を書いて来ましたが、一つ注意点があります!!

残債を現金で清算する以外の方法は、どこかしらの金融機関で「新たにローンを組む」という事になりますので、それには必ず「審査」が必要になってきます。

つまり審査に通る事が出来なければ不可能になってしまうという事です!

「ローン完済サービス」は金利が高めなので、かなり審査は緩い方だと思いますが審査が通らない可能性はなきにしもあらずです!!

あまりにも借金が多い場合は審査を通るのが難しいかもしれません!!

 

基本的には下取りだろうが買取りだろうが業者側(新車ディーラー、車買取り店)がベストな提案をしてくれて、手続きを代行してくれると思いますので、まずは相談をしてみれば良いと思います!

所有権解除に必要な書類(使用者)

自働車車検証
印鑑証明書
実印
委任状

委任状は車を買い取ってくれる業者(新車ディーラー、車買取り店)が用意してくれます!

※車検証記載の使用者住所と印鑑証明書の住所が違う場合は車庫証明書が必要になります。

業者側から指示があると思いますので大丈夫だと思いますが、参考までに覚えておいてください!

どうしてもローン残債が残ってしまう場合の最善策

ここまで読んで頂いてお分かりいただけたと思いますが、ローンが残っていても車を売る事は出来ます!

車を売却してもローンの残債が残ってしまう場合、残債を現金で清算しない限りはもう一度何らかのローンを組むことがほとんどだと思います!

という事は必ず金利が発生してきますのでもったいないです!

しかもこういう場合のローン金利は例外なく高金利になってしまう事がほとんどです!

ですのでいかに車を高く売って残債を少なくするかが重要です!

残債を少なくするには、いかに高く車を売るかが重要で、車の売り方によって大きな差が出て来る事になります!

どのような売り方が最善策か?を解説します!

下取りと買取り

まず車を売る方法は「下取り」と「買取り」があります。「下取り」と「買取り」で迷っている場合は、高く売りたいなら絶対に「買取り」です。

下取りとは新車ディーラーで新車を買う際に前の車を引き取ってもらい、新車価格から割引をしてもらう事です。

買取りは皆さんもご存知のガリバー、アップル、ラビット、ビッグモーターなどの車買取り店で買い取ってもらう事です。

下取りと買取りですと平均で16万円も買取りの方が高くなるという事を知っていますか?

車種によっては16万円以上になる事は珍しくありません!

もし、車を売っても残債が残ってしまってローン完済サービスを利用しなければいけない場合は、特に金利が高くなってしまうので絶対に少しでも車を高く売って残債を減らさなければ無駄に払う金利分が本当にもったいないです。

ですので絶対に「買取り」がおススメです!

そして車買取り店で「買取り」を選択するなら絶対に注意しなければいけない事があります!

複数の業者に競ってもらう

買取りを選択したら、間違っても避けたいのは1店舗だけの査定で売ってしまう事です!

1店舗だけだと、その業者の言い値になってしまって査定額が高いのか安いのかわからなくなってしまいます!

ですので必ず複数の業者の査定額を聞いて比較する事で査定額は勝手に上がっていきます!

複数の買取業者に査定依頼をするなら一括査定サイトを使えば簡単に出来ます!利用は無料なので安心です!

コチラから必要情報を入力して気軽にスタートしてみて下さい!

↓↓