車買取一括査定サイトの比較サイトです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

車買い替えのベストな時期(タイミング)は?損しない最高の売り時っていつ?

車の乗り換えを検討する時は何らかの節目の時が多いです。

 

経済的な事を考えれば買い替えずに乗り続けるのが一番間違いない事ですが、やはり人間は飽きが来ますし、最新の新車は機能も充実しておりとても魅力的で欲しくなってしまいますよね。

 

それとここ最近の新車の傾向で、「燃費性能の向上」があります。

これはホントに革新的で、電気自動車なども実用化されるようになってきており、リッター40㎞なんて所まで来ています。すごいです!

また、新型モデルはその低燃費性能に加えて、新車への買い替えを促進したい国の政策で「エコカー減税」の恩恵を最大限に受ける事が出来ますので税金面でもかなり経済的です。

 

このように、自働車メーカーも買い替えをしてもらうようにどんどん魅力的な技術を開発してきていますので、買い替えたくなってしまいますし、燃費性能を考えると、買い替えた方が長い目で見ると経済的だというのも一理あります。

買い替えを考えている方がどんなタイミングで買い替えを決心するのか?

 

また、買い替えるベストなタイミングはいつ?などの疑問を解説していますので参考にしてみて下さい!

新車で購入した車の場合の買い替え時期

新車で購入した場合の買い替え時期は慎重に考えた方が良いです!

なぜならまだまだ市場価値が高い場合が多く、車を高く売る事が出来る可能性が高いからです。

新車購入から最初の車検時での買い替え(3年)

この場合はもしかするとまだローンが残っているのかもしれまんので、車を売ったら残債がどれくらいになるのか?がかなり重要なポイントとなりそうです。

残債をチャラにすることが出来るのか?少し残ってしまうのか?出来ればチャラにしたい所ですよね。。

車の価値としては3年落ちという事で、まだまだ価値は高いと思いますので査定は期待できます!

新車購入から2回目の車検終了での買い替え(5年)

車の年式は下取りや買取り査定の金額にかなりの影響を及ぼしますが、一つの目安としては6年で価値は無くなると言われています。

もちろん中古車市場は需要と供給で成り立っていますので、6年落ちくらいで買い手が無くなるかと言ったら絶対にそんなことはありませんが、6年で極端に査定額が下がる事は間違いありません!

ですのでこの5年乗ったタイミングは、価値が極端に落ちる直前となりますので最後の売り時と言っても過言ではありません。

現在の車をより高く売る事で、新しい車をより安く買う事が出来ることにもなります。

【走行距離の査定への影響は?】

ただ極端に走行距離が延びてしまっていると査定は落ちてしまいます。だいたいですが標準の走行距離は1年で1万㎞です。

ですので3年ですと3万㎞が標準になりますので、それ以上の走行距離はマイナス査定となってしまいます。

とは言ってもこれは、後からどうこう言ってもどうにもならないので「標準の倍以上の距離を乗ってしまった」とかじゃなければ諦めるしかありません!

査定への影響としてはだいたいですが、標準距離より1万㎞オーバーで5~10万円のマイナスになると言った感じです!

新車ローンの払い終わったタイミング

これも普通のローンの最長回数が60回(5年)と考えると、価値が極端に落ちる6年の直前となりますので、最後の売り時と言えます!

もっと早く(3年)とかでローンを完済しているなら、当分はローン無しで乗る事が出来ますので、5年を目安と考えてあと2年をローン無しで乗りながら、次の車の頭金を貯金するという事でも良いと思います!

中古車で買った場合の買い替え時期

中古車で買った車を買い替える場合、基本的には市場価値はかなり落ちている場合が多いので、「高く売る事」を考えるよりは、今後いかにコストを掛けずに乗り続けていくかを考えるのが正解です!

10万キロを超えたタイミングで乗り換える

10万キロを超えるとタイミングベルトの交換をしなければいけなくなったり、色々な部分にガタが来て部品交換や修理が必要になってくる場合が多いです!

もちろんそれなりのまとまった費用が必要となってきます。

(タイミングベルト交換は別に義務ではありませんが、10万キロを超えて来ると切れやすくなると言われていますのでメーカーが交換を推奨しています。

タイミングベルトが切れたり損傷してしまうとエンジンが廃車になりますのでジ・エンドです。)

 

また10万キロも走っているという事は、年式もかなり古くなっていると考えられます。

標準で考えると1年1万キロなので単純に10年落ちだとすると、燃費性能や排ガス性能が最先端の車に比べてかなり劣りますので、「環境負荷の大きい車」とされて税金なども多く払わなければいけなくなります。

このようにどうしても経費がかさんできますので、買い替えるには絶好のタイミングと言えます!

ローンの終了したタイミング

中古車で買った車のローンが終了する時は、基本的には車自体も5年落ち以上になっていることが多いと思いますので、この場合はそのまま乗り続ければローンの支払い無いので次の車の頭金などを貯める事も出来ます。

ですのでもう少しだけ乗り続ける人が多いと思いますし、乗り続ける方が正解だと思います!

査定的には中古車で買っているという事で年式や走行距離も多めになっていると思いますのであまり期待は出来ないと思います。

その他のよくある買い替えの理由(トラブル&状況変化)

トラブルや状況変化の場合は、致し方ない場合が多いので、コスト面で一番得出来る方法を選ぶのも良いですが、状況次第では思い切って買い替えてしまうのもベストだと思います。

修理が必要になった(事故、故障)

故障で修理が必要になってしまった場合、車の修理代は基本的に高いので買い替えを検討するタイミングです。

車の修理代は安くはありませんのでちょっとしたタイミングと言えます。

新車で買ったばかりならまず壊れませんし、壊れても保証があるので心配ありません。

事故で修理が必要になった場合は、保険で修理代を賄う事が出来ますので一時的な出費はありませんが、保険等級が下がる事で後々の毎月の保険代が上がってしまい、結果的には出費が増える事になってしまいます。

かと言って自腹で修理をするとなると数十万円単位で散財する事になってしまい、かなり痛いです。

修理してから車を売った方が査定額が上がると思っている方が多いですが、修理代以上の金額が査定額に反映される事はありません

家族が増えた

子供が産まれたタイミングで乗り換えるパターンは結構多いです!

車を使用するシーンが変わり、チャイルドシートの装着なども必要となってきます。

また安全面も、あまり小さい車だと事故などのリスクに対して不安ですので大きい車を選んだ方のが理想的です。

また子供が大きくなるにつれて、車の中を汚したりしますので高級過ぎる車だと車を売る時に内装の汚れで査定に影響が出てしまいます。

それとこれは結構大事なポイントですが、車のドアはスライドドアを選んだ方が良いです。

何故かと言うと、子供がドアを開けた時に隣の車にぶつけてしまってキズを付けてしまう事があるからです。

子供は結構気にしずにバンッ!っと開けたりしますので、スライドドアにすればそのリスクも少なくなります。

この場合はコスト面を取るよりは子供の安全など、子供の事を優先で考えて買い替えを検討した方が良いですね。

車検の残り期間と車を売るタイミングの関係

車を売る時に皆さんが疑問に思う事として、車検と査定額の関係があります。

車を売る時に車検を通してから売った方が良いのか?

車検が残っていたら査定額はプラスされるのか?

などなど。

こんな疑問を持たれる方が多いです。

 

結論から言ってしまうと、車を売る時に車検の事を考える必要は無いです。

ですので売る前に車検を通す必要も無ければ、期間を計算して残して売る必要もありません。

なぜなら査定にはほとんど影響がないからです。というか・・・

正確には多少影響はあるのですが、どのような形にしても車を売る側が得出来ることはない為、気にする必要は無いという事です。

 

一応査定額にプラスになるのは1年2ヵ月以上車検期間が残っている場合です。

ですが、この場合でも自分がプラスにはなりません。

それは1年2ヶ月分の車検代金は前回の車検時に自分が払っているし、それ以上の金額分が査定額にプラスされる事は無いからです。

1年残っている場合だと査定はプラスマイナスゼロですが、これも同様に前回車検時に1年分の車検代は自分が払っているのでその分は損をすることになります。

残り3カ月未満とかだとマイナス査定になりますが、前回車検分の元はほぼ取っているので、マイナス査定分だけ損をする事になります。

このようにトータル的に考えるとどの形でも特する事は出来ません。

よって、そこまで気にする必要は無いということです。

車の最高の売り時とは!?

車を売る最高のタイミングはまさに今です!!

査定的に考えると今が一番価値が高いです。

何故なら車は日が経つにつれてどんどん価値は落ちていくからです。

今が一番年式も新しいですし、走行距離も一番少ないです。

しかし、車検の残り期間のタイミングなどもありますので人によって売り時は変わりますが、車の価値で考えたら間違いなく今が一番高いので、車の価値が一番高い時が最高の売り時です!

車の条件的に最高の売り時は?

車の価値は年式だと6年落ちで価値がゼロになると言われています。

走行距離は昔から10万キロが一つの目安となっていて、10万キロで価値はゼロになると言われています。

どちらも少なければ少ないほど良いと考える事が出来ます!

《最も理想的な年数》

理想的なのは3年までです。もちろん3年よりも少ない方が良いですが、普通に考えて新車を買って1年~2年で売る事って少ないですよね。

だいたい早くても新車から車検が切れる3年が一般的です。

《最も理想的な走行距離》

年式の理想が3年までなので、走行距離もセオリーだと1年1万キロの3万キロまでが最高です!

ですが!!もっと最高で査定額が上がるのは、2万キロ前半です!!

 

車の条件的に最高の売り時をまとめると「年式が3年落ちまで」 「走行距離が3万キロ以内」となります。

まとめ

車の価値は6年で価値はゼロになる。(実際はそんなことはない)

新車で買った車の場合は売り時は年式5年落ちまで。

走行距離は1年1万キロが標準なので5万キロまで。

最もベストな売り時は3年落ちで走行距離が2万キロ前半だと高額査定が期待できる!

新車で購入した車のローンを5年で完済した場合は、価値がゼロになる6年目安のギリギリの売り時なので、次の車の購入資金を多く得る為に売るのが正解!

中古車で購入した車の場合はローンを払い終わったらしばらく乗り続けて次の車購入代金をためた方がお得!

車の一番の売り時は今この瞬間(車は時間とともに価値は下がっていきます)

重要事項

何よりも一番大事なのは、今乗っている車をどれだけ高く売るかが一番大事です。

買い替えのベストなタイミングを調べる事ももちろん大事ですが、それ以上に「今の車をいかに高く売るか!」の方が大事です。

車の売り方を間違えてしまうと、簡単に数十万円もの損をしてしまいますので目も当てられない結果となってしまいますよ。

車を売る時に利用する取引方法は主に3つあります。

「新車ディーラーでの下取り」

「車買取り店での買取り」

「ヤフオクで転売」

この3つですが、

「ヤフオクの転売」は一番高く売れる可能性もありますが落札者とのトラブルが絶えませんし名義変更などの書類手続きなどをすべて自分でこなさなければならない為、手間を考えると全然割に合いませんので却下です。

そうなると自動的に「新車ディーラーでの下取り」「車買取り店での買取り」の2択になりますが、この2拓だと高く売れるのは「車買取り店での買取り」です。

車買取り店とは皆さんもよく知っているガリバー、ビッグモーター、アップル、ラビットなどがあります。

下取りと買取りでは買取りの方が高く売れて、平均で16万円もの差が出ると言われています。

しかし・・・・

 

現状で多くの人が利用している取引方法は「新車ディーラーでの下取り」なのです。

 

色々とネットで調べて研究して少しでも高く売ろうとしているにも関わらず、最終的には「新車ディーラーでの下取り」を選択してしまっているので結局損をしてしまって研究した努力も水の泡になってしまっています。

 

ですので車を高く売るなら「車買取り店での買取り」なのですが、車買取り店で売るにしても、ちゃんとした正しい方法を選択しないと百戦錬磨の車買取り店に安く買い叩かれてしまいます。

【買取りでの具体的な正しい方法とは?】

具体的な方法は簡単です!!

「1社だけの査定で売ってしまうのを避ける」というだけの事です。

他社の査定額と比較するという事ですね!!

1社だけの査定額ですと足元を見られて安く買い叩かれてしまいますし、何よりも査定額が高いのか?安いのか?もよくわかりません。

最低でも3~4社の査定額を比較するようにしておけば、安く買い叩かれ過ぎる事は無くなります。

 

比較したとしても、車買取り業者もプロで、出来る限り安く買い取ろうと駆け引きを仕掛けてきますので、相場よりはある程度安く買い叩かれてしまいます。それでも他社と比較しないよりはマシだと思います。

 

もしあなたが 「絶対に買い叩かれるのは嫌だ!」

という場合は、車一括査定サイトを利用する事をおすすめします!!

車一括査定サイトを経由して査定を依頼すると業者間が勝手にライバルを意識して査定額の競争をしてくれますので、査定額はドンドン上がっていきます!!

車一括査定サイトを使えば複数の買取り業者に一回の入力だけでアポイントが取れますのでメンドクサイ手間も省けて便利ですしオススメです!!

 

1番長く運営されていて、累計利用者数が400万人の実績ナンバーワンの安心一括査定サイトはコチラ!!

↓↓タップして公式サイトへ